ちょっと待った!そのまま進める前にッ!? 『自身のスキル分析』と『市場選び』

第1話 『ビジネス戦略の策定方法』〜SWOT分析〜

では、あなたは商品を作っていくにあたって、戦略を作成するのにはどのように行えばいいのでしょうか?
すべてに適した戦略などあるのでしょうか?

 

〜戦略は環境を踏まえて作成すべし〜

戦略はその個人や企業が置かれている環境を踏まえて作成していくことが重要になります。

つまり、戦略を作成する前に、まず環境分析を行う必要があります。
環境には大きく2つの視点があります。

・内部環境

・外部環境

そしてこの2つの環境を分析する定番的な方法がSWOT分析です。

SWOT分析とは? 事例から方法やコツ、注意点を解説

 

SWOT分析では、自社の内部環境を強み弱みとして分析し、外部環境を機会脅威という視点で分析します。

「強みはStrength」「弱みはWeakness」「機会はOpportunity」「脅威はThreat」です。
この4つの頭文字をとってSWOT分析と呼ばれています。

 

内部環境

内部環境を分析するには、自社の強み、弱みを洗い出していきます。
このとき、自社の経営資源、つまり人、モノ、金、ノウハウ、ブランドというような切り口で分析するとわかりやすくなります。

例えば、優秀な技術者が多いというのは人材面の強みです。
また、商品の知名度が低いというのはブランド面の弱みとなります。
また、生産、マーケティング、購買、物流といった機能別に見ていくことも有効です。

 

外部環境

外部環境の分析では、機会と、脅威を洗い出していきます。
このとき大きく2つの想占があります。

1つはマクロ環境の視点です。
マクロ環境は、経済動向や、法律・政治的な動向、技術動向など、目社に関係なく存在する環境要因です。

例えば、原油高や、政府による各種の規制などがマクロ環境です。
ミクロ現環境は、顧客と競合の大きな2軸があります。
これらは自社に固有の環境要因です。
例えば、新しい顧客ニーズが出てきたというのは機会ですが、競合が増えてきたというのは脅威になります。

 

どうやってSWOT分析するの?

SWOT分析では、4つの視点で環境要因を洗い出した後に、戦略の方向性を検討していきます。
この時に、図のようなマトリクスでSWOT分析を行う方法があります。

 

例えば、Sの強みを、Oの機会とぶつけるのは、積極的に機会を生かしていくための戦略です。

 

少し難しいと思いますが、戦略を策定するには現状分析がしっかりできていることが前提です。
その分析方法の中でSWOT分析は、最も基本的な考え方です。

第2話の 次回予告

市場分析?資源分析?
いったい何を分析して、自分の何を伸ばせばいいの?

第2話では、これがわかるようになります!

 

〜自分はどの市場でどうやって戦えばいいのか〜