〜経営資源を一点集中することで結果を最大化する〜

第4話 ドメインの定義

 

ドメインとは?

戦略では、どう戦うかを検討する前に、『どこで戦うかということが大事です。
これを表す言葉がドメインです。
そのため、企業戦略の作成では、ドメインの定義が第一歩となります。

ドメインは事業を行う領域を表します。

具体的には、『誰に』『何を』『どうやって』提供するのかを定義するのがドメインとなります。
ここで大事なのは、『何を』だけではないということです。
つまり、商品の分野を決めるだけではなく、『誰に』という顧客の視点を持つことが重要です。

 

 

ドメインの目的とは?

意思決定を明確にできる

経営資源を集中できる

組織を一体化できる

この3点があげられます。

 

個人で戦っていくためには、少ない経営資源で大きな力を発揮していかなければなりません。
ドメインを定義しなかったら、力が分散してしまいます。

イメージとしては、

ドメインなし…
『ヒト 10』+『モノ 10』+『カネ 10』=30

ドメインあり…
『ヒト 10』×『モノ 10』×『カネ 10』=1000

このように、足し算と掛け算くらい、結果として大きな差があります。

よって、個人事業主や、副業などで結果を出すためには特に、このドメインの定義がすごく大事なんです。

 

ドメイン定義のポイント

ドメインを定義するポイントとしては、経営資源や組織の努力が分散することを避けるということです。
つまり、ある程度、事業範囲を絞ることが大事です。

ドメインが広すぎると、たくさんの競合と戦わなくてはいけないため、競争が激化してしまいます。
また組織で動いているとしたら、組織の力が広い範囲に分散してしまうため、一点に注力している競合に負けてしまいます。

ただし、絞りすぎると、対象とする市場が小さくなりすぎて、事業として成立しなくなる可能性があります。

よって、広すぎず狭すぎず、適度な範囲にすることがポイントです。

経営を学ぶ~経営学・MBA・起業~

※個人でやる場合は、ドメインは小さすぎるくらいがいい場合もあります。

 

ドメインの定義方法

 

ドメインの定義方法として、『物理的な定義』『機能的な定義』があります。

 

×物理的な定義』は、ドメインを「モノ」として定義します。

機能的な定義』は、ドメインを「コト」として定義します。

 

例として、
鉄道事業がよくあげられます。
鉄道事業は、自身を「鉄道」事業者として、物理的に定義していました。
その後、自動車や、航空機などの産業に押されて衰退してしまいました。
そこで、もし・・・
ドメインを「運輸業」として機能的に定義していれば、トラックを利用した輸送に進出するなど、別の選択肢もあったでしょう。

このように物理的にドメインを定義した場合、顧客視点がなく事業展開が制約されてしまいがちです。
この現象をマーケティング・マイオピアと呼びます。

マイオピアとは、近視眼という意味です。

これを避けるためには、顧客視点で見た機能的なドメインの定義の方が有利です。

レビットのマーケティング・マイオピア(近視眼)/ 鉄道や映画が衰退した問題とは? | 論語とプロダクトローンチ

 

ドメインを機能的に定義した方が、事業展開が発展的になります。
ただし、あまりにも抽象的に表現した場合は、わかりにくくなり、先ほど紹介した「分散を回避する」という目的を達成できなくなるため注意が必要です。

 

ドメインの転換

 

ドメインは1度定義したら変えないものではなく、環境の変化に適応して、時代に合わせて変更していくことも必要です。

例えば、
IBMは、以前はメインフレーム中心のコンピューターメーカーでした。
この時のIBMのドメインは「コンピューター」だったと考えられます。
しかし、ハードの競争が激化という環境変化に直面して、ドメインを機能的な「ソリューションビジネス」に転換しました。
その結果、経営変革に成功し、業績を向上させることに成功しました。

このようにドメインはとりまく環境が大きく変化した場合は、再定義する必要があります

ドメインの定義は、
戦略を作成する第一歩です。

そのために、
ドメインを転換する際にも、
SWOT分析などを行い、外部環境、内部環境を分析した上で決定していくことが重要です。

経営幹部の戦略立案セミナー 】 ~自らの手で“創り出す”経営革新~ - ppt download

第5話の 次回予告

マーケティング基礎

〜マーケティングの基礎を知ることで、プロセスを学ぶ〜