いまから見直すべき、『良質な売上』『悪い売上』|D
スキル

いまから見直すべき、『良質な売上』『悪い売上』

 

売上の質とは?

自分の力で、売上をあげ続けたいのであれば、
『売上の質』を考えるべき!

 

なぜかというと、

独立してもずっと生き残る事業者は、『質の良い売上』を作っています。

売上の”金額”より、売上の”質”の方が大事なのです!!

 

「売り上げが上がれば良くない?」

そう思っている方へ、

質が悪い売上だとどうなるのかを説明します。

 

質の悪い売上

・不安定な売上
↪︎売り上げが毎月どうなるかわからない

・特需な売上
↪︎世の中の動きでたまたま売れた

・偏った売上
↪︎特定の事業や取引先(SNS媒体なども含む)に偏ったビジネス

質の良い売上

・毎月安定している
↪︎売り上げが毎月入ってくる

・経費が少ない
↪︎赤字リスクが少ない

・特定の売上先に依存しない
↪︎自社で自由にコントロールできる

大事なことは・・・

質の良い売上を作って、
右肩上がりの土台を作ること。

そうすることで長く続けられる事業に成長させることができます。

逆に「売上の質」を無視すると、即金性はあるかもしれませんが、ずっと稼いでいける自分のスキルにはなりません。

この違いをしっかりと理解した上で自分のビジネスを育てていって欲しいと思います。

結論

個人の力で生きていくことを
考えるのであれば、
売上の質を考えるべき!

同じ100万円の売上でも
売上の質のよって全く違う。

プロフィール


 

古賀大貴

1990年生まれ、福岡県在住
4歳からラグビーを始め、28歳の時に怪我で引退。
30歳で東証一部上場企業を退職後、独立。

最適な自動化の仕組みを構築するプロ。
令和最新のマーケティイング手法で『喋るのが苦手』でも『コミュ障』でも大丈夫!
月に200万以上を売るも精神的にも肉体的にも限界を迎え、《ビジネスの仕組みを作る》ことを専門で学び、時代に合わせた最適な【オートメーション・マーケティング・スイッチ】手法を構築。

1000万円以上の自己投資をしてきたからこそできる、独自のマーケティングコンサルタント。

〜〜事業内容〜〜
・保険営業顧客管理の自動化代行業務
・副業支援事業
・飲食店の集客コンサル事業

「販売」や「教育」、「顧客管理」、「顧客サポート」すべてを自動化。
お金のプロであるCFPを取得し、個人の資産を『増やす』『貯める』『運用する』も得意分野。
モットーは『一生成長』

 

【期間限定プレゼント配布中】

①LINE配信不要の収入自動化(動画コンテンツ)

②コピペしてすぐ使えるLINEステップのテンプレ(テキストコンテンツ)

プレゼント概要はコチラ

 

ぜひお受け取りください!^^

コチラの記事もおススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です