時給を上げようとしてはいけない|だいさん公式ブログ

時給を上げようとしてはいけない

時給1000円と時給10万円

なんで100倍もの差ができるのか?

 

 

ちなみに医者や弁護士は自給1万~3万程度らしいです。

普通の会社員は2000円くらいがいいところでしょうか。

 

この違いって何かわかりますか?

 

お金の本質を理解している人は

分かると思いますが、

これは「希少価値」の違いです。

 

 

どれだけレアな能力を持っているか

どうかということです。

 

 

高い時給を貰いたいなら

希少価値のある能力を

身につけましょうね。という話です。

 

 

これからの時代はAIの発達に伴い、

スキルのない人間は会社の中でも

取り残され、必要のない人材になっていくでしょう。

 

 

ここまで、時給を上げる方法を

お話しましたが、時給を上げることって

そもそもそんなに大事なんでしょうか?

 

 

社長には時給という概念は存在しませんよね。

仕組み(従業員)に働いてもらって、

売上を上げるんです。

 

 

この仕組みをネット上で作ればいいんじゃないか。

ってことです。

 

 

ネットの仕組みを作ることができたら、

ネットの仕組みが毎日動いてくれます。

社長のように従業員に気を遣う必要もないですね。←これでかい笑

 

 

時給はしょせん時給です。

規則に拘束されるし、お客の都合、

同僚との意見の食い違いなど、

色んな人間関係の問題に直面します。

 

 

そもそも相手を選ぶことができないんです。

 

 

ものすごい受験競争を勝ち抜いてきて、

毎日勉強漬けの日々を過ごし、大企業に入ったり、エンジニアになっても

忙しい残業や仕事中心の生活を送ってようやく時給1万円程度です。

 

 

人生の時間のほとんどを仕事に支配されてこの程度なんです。

 

それに、体調を壊して働けなくなったら終わりですし、

時給の世界でどれだけ頑張ったとしても

たどり着ける限界点が存在します。

 

 

年金がもらえるかどうかもわからない今の時代に

私たちの余暇を楽しめる人生のご褒美はいつなのでしょうか?

 

 

それを踏まえて、時給という概念から一歩出るだけで、

ほとんどの時間を余暇に充てることができるようになります。

多くの時間を趣味や仕事、どんなことでも

コントロールできるようになるんです。

 

 

1年で弁護士や医者になれる人は少ないですが、

それくらいの期間でネットで仕組を作り、

月収数十万、数百万を稼ぎ出す人は

珍しくありません。

 

 

時給の世界から脱出するには、

①お金(投資)
②不動産(大家)
③従業員(社長)
④ネットの仕組み(ネットビジネス)

今の時代ではこれくらいでしょうか。

 

 

そしてご存じの通り、

この中でネットビジネスがだけが

圧倒的にリスクが少ないんです。

 

 

不労所得があなたの生活費を上回ったとき、

あなたは晴れてお金のための労働から脱出し、

自由な人生を歩み続けることができます。